【テキスタイル・織物の町サムヌアの今…】

 

 

こんにちわ!くたくたです、NBSです。

 

 

サムヌアに夕方6時に到着。

降ろされたところには辺りになにもない。

 

 

降ろされたバスターミナルから

宿が集まるところまでソンテオ(車)で送ってもらおうと思ったが、

財布にはベトナムのお金ドンしかなく

ここはもうラオス、キープはまだ一銭も持っていなかった。

スポンサードリンク

 

運転手にベトナムのお金しかないけどこれじゃダメか?と

尋ねると、ダメらしい。

 

 

「仕方ない、歩くか。」

 

 

前もって宿の写真はネットで探して携帯に保存しておいたので

この宿に行きたいんだが、と荒れた道を歩く数少ない人達に

写真を見せる。

 

 

「んー向こうじゃないのか?」

 

 

おそらく知らないのだろう。

でも答える人数人が同じ方向を指さしていたので

向こうに宿らしきものがあるのだろう。

 

 

 

歩いている途中、HOTELとかかれた家があったので

目的の宿とは違うが、安ければここでもいいやと

訪ねてみた。

しかしいくらかと聞くと日本円で1200円と思ったより高い。

 

 

 

また指差す方向に向かって歩き始めた。

ちょっと日が落ちてきたので危機感を感じた。

暗くなる前までには着きたい。

 

 

15kgのバックパックを背負って40分歩いた。

 

 

宿らしきものが集まる一帯に着いた。

その中に探していたゲストハウスもあった。

ふぅ、これでなんとか大丈夫そうだ。

 

 

従業員に値段を聞くと70000キープ。

日本円で900円。

あれ、ネットで探した時は40000キープ550円だったのに

ここでもふっかけてきたか。

 

 

40000キープじゃないのか、結構前の情報だが

この価格だっただろ?

と聞くと、いや、70000キープだと言い張る。

 

 

じゃあ他の宿にしようと振り返った時、

わかった60000キープにすると下げてきた。

こっちは50000なら、というとそれは無理らしい。

 

 

まだ近くにもゲストハウスがあったので、そこでも値段を聞いたら

70000キープだった。

なので結局元の宿に戻って、60000キープで手を打つことにした。

日本円で800円。

 

 

 

フロントを見ると70000キープとちゃんと値段が示されていて

この辺一帯が宿の値上げをしたのかもしれない。

40000キープの情報は7、8年前のネットの情報なので

それまでに値上げがあったのかもしれなかった。

 

 

 

部屋に着いて重い荷物を降ろして、お腹が空いていたので

すぐに宿周辺でご飯が食べられるところを探した。

 

 

 

宿兼レストランのところがあったのでそこにしようと思ったが

ベトナム紙幣しかない。

 

前のネットの情報だとベトナムのお金でも使えたと

ブログにアップしている人がいたので大丈夫だろうと腹をくくっていたが

このレストランでも使えないという。

 

 

外で食事中の一般の家族がいたので

exchange money ベトナムとラオス。

と言うとなんとか替えてくれた。

 

 

1000円分ラオス紙幣が手に入ったところで

さっきのレストランでチャーハン的な物を食べて

宿に帰ってシャワー浴びて寝た。

 

 

 

次の日朝8時に起きて、その辺を歩いていると

遠くにマーケットが目に入ったので寄ってみた。

そのマーケットはなかなか見ごたえがあった。

色々マーケットを見てきたがここには他のマーケットにないものがあった。

 

 

 

食ったら絶対なんかしらの病気になるだろうと思わせる

ネズミ。かなりグロテスクだった。

 

 

多少お腹が空いていたので食べられそうな揚げパンを1つ買って

マーケットを出た。

 

 

このサムヌアに来た目的は生地・織物を探しにきたためだったので

早速それ目当てに市内を歩いた。

 

 

織物の写真を見せながらこれはどこで作っているかと

人に聞いて歩いた。

 

だが「ない」という人や向こうじゃないかと言う人もいて

指指す方向に歩き続けてもたどり着かない。

 

 

一般の家の庭に機織り機があるのは何個か見たが

今は使われていないようにみえた。

 

 

宿に戻ってもう一回どこで作っているのか調べた。

とあるブログに最近はサムヌアからラオスの首都ビエンチャンに移って

シルク生地を作ることが多くなった(観光客に生地を売るため)

という記述もあり、

もしかしたらこの10年くらいの間に産業が首都に移動してしまったのかも

しれなかった。

 

 

それに他のブログで多くの人が世界から仕入れに来るという記述もあったが

NBSが何時間も歩き回っても観光客誰一人とも出くわすことがなかった。

 

 

 

せっかく織物のために来たのに…

仕方ない、そういうこともある。と気持ちを切り替えた。

が、辺りは本当に何もない。

 

 

砂埃もすごく、また狂犬病をもった野良犬が多くいるので

外にいる気にもなれず、午後帯はほぼ宿にいた。

 

 

宿代も安くないので

次の日にはサムヌアを出よう。

 

 

その宿に2泊して次の日の朝8時に

ルアンパバーン行きのバスに乗ったのだった…

スポンサードリンク

 

 

《費用》

2万円5千円使用済み。

7000円分引き出して使用中。

 

もしこのBlogを同じ現地で見てくれている方がいらっしゃったら

現地で一緒に食事でもしましょう^^

気軽に連絡ください!

 

 宿を予約する際はこちらをご利用ください。日本でも海外でも使えます( ´ ▽ ` )ノ

 

 

使っていただけると少しNBSの旅資金になるかも笑

ここをクリックしてサイトに飛んでね!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

現在27位。

うむ、ちょっと下がってしまいました。

大変だー・゜・(ノД`)・゜・。

 

今日も投票宜しくお願いします。↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)