遺産を見てからが悲惨だった。

こんにちわー。

宿に着いてしまうと遠出するのが

少し面倒になってきました、NBSです。

スポンサードリンク

 

前回のスコータイは素晴らしい景色でした。

あの景色を見終えて、辺りは暗くなり。。。

 

 

夕焼けを見たのが18時半〜19時頃で、

辺りはすっかり暗くなった。

 

 

実は遺跡に行く前に宿の人から

宿のあるNewCityまでのバスは夕方18時で最終だよ。と

言われていたにもかかわらず夜景バックの遺跡見たさに

長居してしまって、もうバスがない状態。

 

 

まぁトゥクトゥクがきてるだろうからそれに乗っていけばいいかなと

簡単に思っていて、NewCityまでいくら?って聞くと200バーツだという。

 

 

 

「おいおい、行きはバスで30バーツで来たんだぞ。

200はあまりにも高すぎじゃないか。7倍だぞ。」

と言っても

「いや、だめだ。NewCityまで遠いんだぞ。」

と言ってくる。

 

 

 

だからその距離を30バーツで来たんだって。

まぁトゥクトゥクの方がちょっと高いし、

夜だから多少ぼったくりが発生するだろうと

思っていたけどこれは高すぎる。

 

 

 

交渉しても値段が下がらない。

さぁどうしたものか。

 

 

 

地図で見るとNewCityまで14km。

徒歩だと3時間かかる計算になっている。

 

 

 

うーでもあの値段で乗るのはばかばかしい。

 

 

 

 

「仕方ない、歩くか。」

 

と夜の19時にNewCityに向かって歩き出した。

 

 

 

歩いた。

 

 

歩いた。

 

 

 

まぁ3時間かかるんだから着かない。

 

 

 

 

1時間歩いて

ふぅ。これはやっぱりきついと

今でも結構歩いたのにまだその2倍歩かないといけないと

飽きられモードに入ったが、、歩くしかない。

 

 

車、バイクが多く走る中、

歩いた。

 

 

 

この時間になると野犬がうようよ出てきて

恐ろしい。道路の脇にいたりするから

通ろうとすると縄張りに入るなって

数頭で吠えまくる。

 

 

 

狂犬病を持った犬に噛まれたら

ほぼ100%で死ぬから

慎重に通った。

 

 

 

 

歩いている間、

本当に馬鹿なことをしたと

海外で夜に一人で人がいない夜道を

歩くなんて、あぁ何してるんだと

後悔した。

 

 

 

 

バイクが通るたびに

あぁ、俺を乗せて行ってくれーと

少しバイクに向かって駆け足になる。

 

 

 

いや、これはもう乗せてもらうしかないと

今度は積極的に

駆け足になってバイクを少し追いかけてみたりしたが

すでにバイクには2、3人座っていることが多く、

俺が座ることは不可能。

 

 

 

 

ぁぁ、と

とぼとぼ歩いていると

トゥクトゥクの前に人を乗せるバージョンが

止まってくれ、駆け寄った。

乗客のおじいちゃんが一人いる。

 

「ビックシーまで行く」

 

ビックシー?

よくわからなかったが、運転手が女性だったので

少し信用してしまった。

 

 

道は直線一本のみなので

まっすぐ行ってくれれば構わない。

 

 

 

10分くらい乗せてもらって

ここで降りて!と言われた。

そこはBIG  Cというスーパーの名前だった。

 

 

先客のおじいちゃんがここに来るために捕まえた

トゥクトゥクでそれの次いでにNBSも乗せてもらった

ということだったらしい。

 

 

 

お金はいらないよ!と言い

トゥクトゥクは去っていった。

ありがとうー!

と思いながらもまだ道のりは半分ある。。。

 

 

 

また歩き出した。

 

 

野犬に吠えられながら歩くこと30分後、

 

 

 

 

こっちを見ながら脇に逸れて

バイクが止まったではないか。

 

 

 

 

え、乗せて行ってくれるのか?と

駆け足で近寄ると

乗れ乗れとバイクの横に繋げてある

荷物のカゴを見て言う。

 

 

 

 

「えーマジでいいの?」

「いくら、いくら?」

と聞くと

首を横に振っている。

「Is it free??」

首を縦に振っている。

 

 

怪しいと思ったがここで乗らないと

あと1時間半歩く羽目になる。

乗るしかない。

 

 

 

そしてバイクの荷物カゴに乗り、

出発した。

 

その運転手のおじちゃんと一緒に

30分ほど揺られ、

 

 

やっと街の明かりが見えてきた。

 

 

「ここだ、ここでいい!」

と降ろしてもらい、

普通でかかる場合の30バーツを

渡そうと差し出すと

いらないいらない!と

手を突き返された。

 

 

いやーもらって!

と渡しても受け取ろうとしない。

 

 

 

マジかー、このおじちゃん

めっちゃ親切だ。。。

 

 

 

thank you very muchを何回言っただろう。

 

無事、宿で眠ることができた。

 

 

 

もうこんな無茶なことはしないように

気をつけよう。

 

心からそう思った。


正直帰ってでも作りたい。

世界一周してる人、海外旅行よく行く人に聞くと

だいたい持ってる。

 

高級ラウンジが無料で使えて保険もあるんだって。

発行の際にかなりポイントももらえるので

マジで入ることをおすすめします。

こちらをクリック↓


(変なものはオススメしませんのでご安心をw)

 

 

《費用》

12万5400円使用済み。

あと5万5千円分引き出して使用中。

 

 

もしこのBlogを同じ現地で見てくれている方がいらっしゃったら

現地で一緒に食事でもしましょう^^

気軽に連絡ください!

 

 宿を予約する際はこちらをご利用ください。日本でも海外でも使えます( ´ ▽ ` )ノ

 

 

使っていただけると少しNBSの旅資金になります。

ここをクリックしてサイトへ。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

現在17位!

ブログを更新していなくても

クリックしてくれている人達が何人かいらっしゃるんですよ。

誰かまではわかりませんが、ありがとうございますm(__)m

 

今日も是非クリックお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)