【ニュージーランド】人生初のヒッチハイクが成功したが…思わぬ出来事の連続。

2日連続の大雨で

物価の高いNZで

宿に引きこもりのNBSです。

スポンサードリンク

大雨で強風、そして冬の寒さ。。。

明日は晴れっぽいので

もう少しの辛抱です。

 

 

前回続き。

ヒッチハイクをするため、

大通りまで歩きます。

 

 

雑貨のおみやげ袋がかなり重くて

1,2km歩くのでも一苦労。

腕がパンパンです。

 

 

大通りにたどり着き、

荷物を置き、

マジックでダンボールに

クライストチャーチと

英語で書いた看板を持つ。

 

 

びゅんびゅんと車は横を通り過ぎていく。

 

 

「あとは待つだけだな!」

 

 

運転手がこっちを見ながら

通っていくのがわかる。

 

 

人によっては俺に向かって

親指を立ててgoodのポーズをしたり、

両手をハの字にしてwhyのポーズをしたり

(多分乗せられないよの意味?)

わかるのように笑顔を作ったり、

結構リアクションをしてくれるので

面白い。

 

 

 

でもなかなか車は止まってくれず

1時間経過した。

やっぱりそんな甘くないなぁと

現実を見る。

 

 

このダンボールに書いてある

クライストチャーチまで

実際に車で行こうとすると

8時間くらいかかるみたいで、

やっている本人も

ちょっと厳しい予感はしていた。

 

 

「作戦変更で、近くのピクトンまでに

書き換えてやってみるか。」

 

 

ダンボールはもうなかったので

適当な厚い白い紙に

PICTONの文字を書き再開。

 

 

「んー、リアクションはしてくれるものの

それでもなかなか車は止まってくれない」

 

 

ヒッチハイクを続けていたら

向こう車線の車が止まり

窓が開き、イケイケの若者が

俺に向かってどなってきた。

 

 

早口だったので理解はできなかったが

完全に怒っている。

そしてすぐに車は去って行った。

気にしないようにしよう。

 

 

 

それから1時間やっても

車は止まらず、

もう1時間して無理だったら

高い料金を払って明日バスを使って

行くしかないかなと思った。

 

 

それから20分後、

ヒッチハイク中、ある車が通り過ぎた時

なんか車から物が落ちてきた。

ゴミじゃない。

車は普通に通り過ぎていった。

 

 

「え、なんか落ちたぞ。」

 

 

駆け寄って落ちた物を見ると

一目瞭然で「財布」だとわかった。

それも結構ちゃんとした女性の財布だ。

 

 

え、、車から財布落ちてきた!?!

車のどっから落っこちたのかわからなかったが

まさかの事態にびびる。

 

 

一応、財布の中身を開けてみると

たくさんのカードが入っていて

クレジットカードも3枚入っている。

お札はなかった、おそらくこれはカード入れとして

使ってた物なんだろう。

しかも財布の中にスマホも入っている。

 

 

 

うぁ、これどうしよと思って

ここに置いておくのもあれだから

とりあえず自分のバックパックの上に

置いておいてまたヒッチハイクを始めた。

 

 

それから10分後、

 

 

俺のすぐ横に車が止まった!!!

「え、止まったぞ!!!」

 

 

慌てて駆け寄ると

運転していたのは

サングラスをかけたやんちゃ風の

男性だった。

 

 

一瞬

「あれ、これ乗って大丈夫かな」と思ったが

「荷物を車の荷台に乗せて大丈夫か?」

「壊れそうな物はないか?」

「いや、パソコンが入ってる。」

「じゃあ座席に入れよう」と

荷物を乗っけてくれた

僅かなやり取りで行くことに決めた。

 

 

 

話をすると

乗せてくれた男性は

偶然にも俺と同い年の25歳で

車の修理とかのエンジニアをやっているらしい。

ヒッチハイクでよく人を乗せることがあるみたいだ。

話すと全然悪い人ではないのがわかった。

ちょっとすると座席の後ろから着信音が流れた。

 

 

最初はこの人の携帯がなってるのかと思ったが

違った。

 

ヒッチハイク成功で忘れていたが

さっき拾った財布の中のスマホがなっている。

 

これはどうすべきか困ったが

運転手にさっきの出来事を話した。

で、落ちてきた財布に入っているスマホから

今電話がかかってきているのだと。

 

 

運転手もびっくりしていたが、

代わりに電話に出てくれた。

そしてさっきヒッチハイクしてた日本人が

車から落ちてきた財布を拾ってその日本人を乗せた

俺が代わりに電話にでていると。

 

 

財布の持ち主は

どうやらヒッチハイクをしていた街に

住んでいるらしく、そこにはよく運転手も行くので

明日届けるよということになった。

「ふぅ、よかった」

この人ならちゃんと届けてくれそうだ。

 

 

そんなハプニングもあった。

 

 

車で2時間、

結局ピクトンではなく、ちょっとクライストチャーチ側に近い

ブレナムという地で降ろしてもらうことができた。

 

 

それでもまだクライストチャーチまでは遠い。

海岸線を通るブレナムから

クライストチャーチまでの

一本の大きい道路がありそうだったので

そこからヒッチハイクすれば

クライストチャーチまで一気に行けそうだ!

 

 

その大きい道路まで徒歩で

移動している最中だった。

荷物も重いので小休憩を挟みながら

歩き、またちょっと休憩していると

通りの家のおじいさんがどこに行くんだと聞いてきた。

 

 

クライストチャーチまで通る大きい道路まで

ヒッチハイクのために行くと答えると

まさかの回答が返ってきた。

 

 

「その道路はいま通行止めだぞ」

 

 

最初は嘘だ、そんなはずはないと

歩きだそうとすると

「行けないぞ、半年くらい前から

通行止めで遠回りをしてクライストチャーチまで

行くしかないぞ」

 

 

「え、まじで?嘘だろ…」

本当に道路の通行止めで行けなくなっていて

おじいさんが教えてくれた道路標識には

臨時でクライストチャーチはこっち→の

赤い看板が作られていた。

 

 

しかもその矢印はさっききたネルソンを経由する

南島の真ん中を通るルートで

呆然とした。

✖️が本来通ろうと思っていた道路。

矢印の島の真ん中を通る道路しか

方法がなくなった。

 

 

「これじゃ16日の昼までに着かないかもしれない」

焦った。

 

おじいさんがそんな呆然とした俺の姿を見て

ヒッチハイクがしやすいように

クライストチャーチにつながる道路まで

車で10分ほど乗せてくれた。

 

 

そこでまたヒッチハイクをするが

捕まらん。

 

 

16時くらいになり、日も落ち始めてきた。

「あー、やばいぞ。」

暗くなっては見えなくて

ヒッチハイクできなくできなくなるので

仕方ない、今日はここのブレナムで

1泊することにしようと日が落ちる前に

やめて安い宿を探し始めた。

 

 

おじいさんが車で市内から離れたところに

連れて行ってくれたので重い荷物を運んで

また戻るのも一苦労になってしまった。

 

 

次回へ続く…
現在25位!

今週はブログ更新頑張ります!

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


 

世界一周、海外によく行く人はおすすめの

楽天カード。

年会費1万円ですが、ポイントが1万円分ほどつくので

実質タダで、空港の高級ラウンジが使えます。

高級ラウンジでは食べ放題・飲み放題でお酒も無料。

嘘みたいだけど、本当です。

こちらをクリック↓

《費用》

30万3300円使用済み。

あと4万円分引き出して使用中。

 

もしこのBlogを同じ現地で見てくれている方がいらっしゃったら

現地で一緒に食事でもしましょう^^

気軽に連絡ください!

 

 宿を予約する際はこちらをご利用ください。日本でも海外でも使えます( ´ ▽ ` )ノ

 

 

使っていただけると少しNBSの旅資金になります。

ここをクリックしてサイトへ。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)