時価数千万?いや数億円!?宝石の町、【ラトゥナプラ】で驚愕の宝石に出会う。

冒頭から失礼します。

ちょっとびっくりしました、

今泊まっているコロンボで

同い年の日本人女性の方とお会いし、

話をしたんですが。

スポンサードリンク

 

その人はまだ旅に慣れていなくて

1ヶ月半で数カ国を

飛行機で飛び回って

いずれはもっと長期間で旅したくて

いまはその練習のために旅しているそう。

 

 

その人(Mさん)から聞いた話によると

コロンボの空港から

客引きのトゥクトゥクに無理やり乗せられて

宝石屋に連れて行かれ、買わされそうになり、

降りるときも平均の10倍ほどの運賃を請求され、

運転手が周囲にわかるように怒鳴り散らすので

結局その額を払うしかなく、被害にあったらしいです。

 

 

次の日もトゥクトゥクで無料だから乗りなと言われ

最終的に性的な要求をされ、周囲の人に助けてもらって

免れたという話を聞いて、

スリランカはいい国だと思っていたのに

そんなことここでもあるのか!と驚きました。

 

(俺も無料だから乗りなとスリランカで

トゥクトゥクの運ちゃんに言われたことがあり、

その時は本当に無料で行ってくれました。)

 

 

確かにその人は

見るからに日本人な出で立ちで

かつ女性なので目立つのかもしれません。

 

 

そういう意味では

俺はヒゲぼうぼうで汚い格好をしているので

それだけで被害に遭う確率が

低くなっているんだろうなと

思いました。

(こいつは金なさそうだと思わせる風貌)

またある程度、ここを超えると

危ないなと思う一線を

感じることができているので

数年前よりも成長を感じます。

(被害に遭う時は遭いますが)

 

 

その人はこれからトルコに行くというので

本当気を付けてとこっちの方が不安になりました。

 

 

スリランカは好きになれないなと言っていたので

人によってもその国の体験によって

大きく感じ方が違ってきてしまうようです。

 

 

なので、その国を好きでいられるように

これからも注意を払って旅をする必要があるなと

思いました。

 

 

さて、前回の続き

 

 

ラトゥナプラとはシンハラ語で

「宝石の都市」の意味で、

その名の通り、この地では

古代からルビー、サファイヤといった

宝石の採掘が行われてきた。

 

今でも昔と同じ採掘方法で

宝石を採っているらしいので

その採掘している姿を見ていたいと思い

ここに来たのである!

 

 

近くに宝石市場があるので

場所はいまいちわからないが

市内で聞けばいいかなと思い

探しながらもぶらぶらしていた。

 

すると通りすがりのおじさんが

「宝石見るか?宝石、宝石」と

言ってきた。

きたきたと思い、

買うつもりはないので

見るだけだけどいいかと数回確認し、

そのおじさんについて行った。

 

 

案内されたのは近くの宝石を売っているお店で、

さすが宝石の町、ガラスケースの中には

ずらーーーーっと宝石が並んでいる。

偽物もあるんだろうなと思う。

 

 

店員の人は全く押し売りをする感じもなく、

見るだけと言うと

そうか、と言った感じで好きに

見させてくれて時には説明もしてくれた。

 

このラトゥナプラでは

サファイヤが一番有名らしい。

 

店を出て、それからおじさんの家に

たくさんの宝石があるから

見にこないかと言う。

 

若干引っかかったが

おじさんがそんなに悪そうな人に見えなかったのと

見たい好奇心で行くことにした。

 

トゥクトゥクに乗って10分。

本当に地元の人の家という古く簡素な造りであった。

 

家には奥さんがいて、座るなりコーヒーを

運んできてくれた。

「いや、見るだけだよ!?」

伝えるとノープログレムというので

いろいろ見させてもらった。

 

 

出るは出るは宝石の数々。

これは原石なので

これを削って磨けば

キラキラ光る宝石になる。

もしこれが本物ならこんなに乱雑に保管しておくだろうかと

思いつつも、地元の人たちはこんな感じが普通なのかもしれないとも

思えてくる。

 

磨いた後の宝石も見せてもらった。

同じ種類の石でも磨く前と後でこんなにも違う。

というか、特大サイズの宝石達。

これが本物だったらいくらするんだろうか。

 

日本人の女性もここに来たといい、

名刺を出してきた。

有限会社○○と書いてあるので

より信憑性が増す。

 

 

そしてこれが見せてもらった中で

一番高価なブルーサファイヤ。

これはちゃんと箱に入っている。

取り出してみると

かなり大きいのがわかる。

この前ネットの記事で

世界最大のブルーサファイヤが見つかったというのを見て

大きさがこの一回り大きいくらいだっただろうか。

価格が500億とかでぶっとんでいたが

もしこれが本当の宝石なら

億はいくのではなかろうか…

 

 

この宝石は見せるとすぐに

大事そうに別の部屋に持って行った。

本物っぽい…

 

 

最後は小さい宝石を買って行って

日本で売ればお金になるとか言われて

ちょっとしつこかったがやめておいた。

 

その後も

実際に宝石の採掘をしているところまで

案内してくれた。

深い穴を掘って、掘った土を

バケツでくみ上げ、水にさらして

宝石を取る方法と

遠くの小屋が採掘場所。

川に入って大きなシャベルのようなもので

土を掘り起こし、同じように水にさらして

取る方法。

 

どちらも原始的な方法で

重労働である。

 

一攫千金の人生。

夢のある人たちの生活を垣間見ることができた!

 

ここでは2泊し、

ラトゥナプラからニゴンボで行き、

いまはコロンボ。

そして今日、リアルタイムでは

アラブ首長国連邦のドバイへと

飛び立ちます。

 

コロンボではいい雑貨があって、

5点分の雑貨を買い物をしたが

そこのお店は写真NGで

雑貨を紹介することができなかった。

 

 

最近ブログでは雑貨情報が正直乏しいが

こればっかりは出会いなもんで

ドバイで見つけられることを願っている!

 

では、いざドバイへ!
現在13位!

投票宜しくお願いします↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

《費用》

41万300円使用済み。

あと1万円分引き出して使用中。

 

 宿を予約する際はこちらをご利用ください。日本でも海外でも使えます( ´ ▽ ` )ノ

 

使っていただけると少しNBSの旅資金になります。

ここをクリックしてサイトへ。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)