バルセロナの定番スポット巡り。

こんにちは!ナオトです!

先日は日本に送る最後の荷物を

またポーランドから送りました。

そんなに買ってないように思うんだけど

今回もまた持って歩くのがかなり重くて

自分の帰国と一緒に持って帰ろうかと

思っていたのですが断念して送りました笑

スポンサードリンク

それがこちら。

よく見てください。

赤い数字。

 

 

自分でもびっくりしました。

そう、15kgです。

前回8kgだったのでおよそ倍。

他にバックパックの20kgもあるのに

こんな荷物をずっと持って歩くのは

さすがに厳しかったです笑

 

 

ということで最後の荷物も出荷し終わり、

あとは日本に着くのを祈るのみ。

 

 

若干荷造りしている時に問題があったのですが…

それは買ったお菓子などの箱が既に

潰されて無残な姿になっていたこと。。。

orz

今まで買ったものも

ほとんど潰されてますw

スポンサードリンク

 

まぁ食べられればいいでしょ!

ということで荷物が軽くなり旅がしやすく

なりました笑

 

 

フランス旅は多くの人に助けられ、

次はスペインのバルセロナまで向かいます。

旅行好きの人から

「スペインはいいよー!」ってよく聞くので

どんな街なのか楽しみ!

スポンサードリンク

まずスペインはヨーロッパの中でも

気候が温暖で、フランスにいる時は

長袖に羽織物が欲しかったけど

スペインはTシャツ1枚でも大丈夫なくらい

暖かい!

そしてあまりイメージにはなかったんですが

バルセロナは海沿いの街なので

このように中心街から海へはすぐに行くことができる。

海を覗くとかなり大きい魚がすぐ目の前に

うじゃうじゃ。なんの魚だろう…

海もきれいで暖かくて

気持ちがいい!

バルセロナはカタルーニャ州に当てはまり

最近ニュースで耳にするスペインからの

独立はこの地域のこと。

日本ではおそらくいまはデモで危険!

なんて言われているんだろうが

観光客も多くいて、そんな危険は感じなかった。

しかし

マンションから掲げられているこの旗。

これが独立したいという市民の表しであり、

こんな光景がいたるところで見られる。

 

 

 

ここはバルセロナで有名な市場。

ここにはチョコレートから

魚介類から

生ハムまで

いろんな食べ物があり、

カウンターだけの小さいレストランもあり

新鮮な食材を使ってその場で

調理されるので美味しいこと間違いなし!

 

情熱の国、スペインは

色使いもカラフル。

ヨーロッパの中でもやはり他国とは

違った雰囲気を持っていて

ヨーロッパを長く旅していた自分には

新鮮で面白い。

 

 

そしてスペインと言えば

何と言ってもこれでしょう!

サグラダファミリア!

 

 

これまた他国にはない独特の造りで

未だに建設中だというから驚き。

工事がストップしてるだけなのかと思ったら

行った日もちゃんと工事現場の作業員が

大人数で仕事していたのでこれまたびっくり。

 

その迫力は圧巻。

近くで見ると細部までに彫刻が

丁寧にされていて年月がかかるのも頷ける。

 

そしてこの公園も有名スポット。

グエル公園!

このカラフルな色使いはまさかに

スペインの公園という感じ!

公園内には鮮やかなインコ?オウム?のような

鳥も野生に生息していた。

公園は高台にあるので眺めもいい!

こうやって見るとなんとなくわかると思うが

赤茶色の家々がほとんどで遠くからでも

情熱の街。

 

 

 

スペイン人は陽気で大らか!

 

とよく聞くがそんなに滞在期間もなかったので

正直自分はそんなに感じることもなかったかな。

 

 

食は美味しいものばかりで

本場のパエリアも食した!

魚介のうまみがお米に吸われていて

うまい!この量を一人で食べたんだけど

全然!もう1枚余裕でイケる笑

ほとんどのお店にはパエリアがメニューにあって

この大きさで1000~1500円くらいと

そんなに高くないのも嬉しい。

 

 

バルセロナは3日間しか滞在しなかったが

スペインらしさを味わえたような気がするよ!

 

 

お次は飛行機でスウェーデンの

ストックホルムへGO!

北欧は寒いだろうなぁ。
現在44位。

 

↓の世界一周のタグを

クリックしてくれるとポイントが入ります。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

《費用》

72万3千円使用済み。

 

 宿を予約する際はこちらをご利用ください。日本でも海外でも使えます( ´ ▽ ` )ノ

 

使っていただけると少しNBSの旅資金になります。

ここをクリックしてサイトへ。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)