幸福度の高い国、フィンランド

こんにちわ。ナオトです。

宿の中は暖かいけど、

外は寒く、みんな手袋、ニット帽は

欠かせない防寒アイテムといった感じです。

今日は雪が舞っています。

スポンサードリンク

 

ストックホルムの次は

フィンランド。

丸で囲ってある島、オーランド州の

マリエハムンという所で10日間

Workawayを使って泊まらせていただきました。

 

 

お邪魔させていただいたホスト、

すごく料理のうまいお母さんで

毎日朝・昼・晩と北欧らしい創作料理が

食卓に並びます。

これは是非見せたい!

 

レシピは一切見ていなくて

余り物をうまく翌日に回して

別料理に変える腕前には

びっくりさせられます。

スポンサードリンク

 

今回のホストは子供がいない

旦那さんと奥さんの二人暮らしという

家族構成。

しかも旦那さんはちょうど仕事でヘルシンキに

泊まりで10日ほど行っているということで

奥さんだけでした。

そして自分の他に、

フィンランドに住む中国人のカップルが

同じくWorkawayを使って泊まりに

きていて計4人で過ごしていました。

 

 

仕事内容は今までと同じような感じ。

冬になるにつれ、拾い庭には大量の落ち葉が

あるのでその掃除とか草抜きとか。

 

 

今までの仕事から比べると

一番楽でかつ、短時間だったので

それ以外は家の中で紅茶を飲みながら

本を読んだり、

PCで作業したり…

のんびりと北欧らしい生活を送ることができました。

 

 

フィンランドって社会保障制度が充実していて

幸福度が高い国だと思われる方が多いと思います。

確かに話を聞くと、

小学校から大学まで無料であったり…

https://kiitos.shop/blog/archive/why-hokuo-finland-are-happy.html

上記のページがわかりやすく説明してくれていますが、

一番心に響くのは

「人生選択の自由度」です。

 

 

日本のように大学を卒業したら

新卒採用のためにみんな同じ時期に

就職をして、終身雇用のため

生涯その会社でずっと働くというレールの敷かれた

道をそのまま進む人が大多数であることが

幸福度を低下させている要因でもあるように

感じます。

でも徐々にいま日本も変わってきていて

これからはもっと「幸せとは何か」について

議論される場面が多くなり、

個々が判断した道を社会が

認めるようになるはずです。

スポンサードリンク

 

ここのホスト、

ティッテという名前の奥さんですが、

ジャーナリストをしていて、

自分が書いた新聞記事が

そのまま載っかるような

すごい人。

なので、世界の経済・政治情報を

毎日欠かさず得ていて、

「日本で総選挙あったけどどうだった?」

なんて不意打ちをくらいましたよ笑

 

 

そんなティッテが色々話してくれるわけですが、

印象に残っているのは

「ティッテは何歳で結婚したの?」と聞いたら

45歳になってしたというので

なんでそんなに遅かったのかと

突っ込むと、

ヨーロッパでは籍を入れずに

事実婚のケースがとても多く

(事実婚とは籍を入れないで

結婚しているかのようにずっと同棲すること)

ティッテもずっと事実婚のままで

いいと思っていたけど旦那さんが籍を入れたいというので

仕方なく45歳になって籍を入れて結婚したそう。

 

 

日本だと籍を入れないことで

子供ができたら色々と面倒なことがあったり

補助が出なかったりとかするようですが、

これも文化の違いですね。

 

 

籍入れてないから離婚する必要もなくて

罰がつかないのはいいことかもしれません笑

 

 

また、話が前後しますが

社会保障が整っているので

その分、税金がとても高いと言っていました。

「何を買うにもとても高くて困っちゃう。

家の屋根が壊れて、材料を買って直したんだけど

とてもお金がかかったわと。」

業者に頼むのは高すぎて、自分でなんでもやるのが

当たり前なのかもしれません。

これも実際の幸福の国フィンランドに住む人の

生の声です。

 

 

北欧地域は年間の半分が

極寒になるので家の中にいる時間は

とても長くので、家の中でも楽しめるように

おしゃれな雑貨が多くあるのもうなずけます。

 

 

でも自分はトータルしてやはり日本が好きだなぁ。

自分の国を上回る国は

おそらくずっと見つからないように思います。

 
現在48位。

 

↓の世界一周のタグを

クリックしてくれるとポイントが入ります。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

《費用》

72万3千円使用済み。

 

 宿を予約する際はこちらをご利用ください。日本でも海外でも使えます( ´ ▽ ` )ノ

 

使っていただけると少しNBSの旅資金になります。

ここをクリックしてサイトへ。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓



 

“幸福度の高い国、フィンランド”へのコメント2

  1. おもてなしのお料理、どれも美味しそうですね。
    彩りもきれいでお料理好きな方とわかります。
    たくさんのよい出会いがありますように

    1. ありがとうございます。どれも美味しかったです(^^)
      自分ももっと料理の腕を磨きたいなと思います‼︎外国人に日本食をおもてなしできたらいいなぁ、なんて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)